《公式ホームページ》
公益財団法人 郷学研修所・安岡正篤記念館

日本農士学校。
安岡正篤先生が昭和初期に創立し、心血を注いで人材教育に当たった全寮制の私学校。

本法人はその跡地に創設されました。

心ある人々にとって、違和感や危うさを感じざるを得ない現代の風潮。
進むべき道を見失っている人々。
人間としての、また日本人としての大切なことが何か忘れられているのではないか…

安岡正篤先生の教学・人間学は、このような思いを抱いている人にとって、大きな道標となることでしょう。

「公益財団法人 郷学研修所・安岡正篤記念館」は、日本農士学校の道統を継承しつつ、郷学の振興を図ると共に、今の世にこそ必要とされる安岡正篤先生の教学・人間学を後世に伝えるために活動しております。

 

News

2021.09.18
公益財団法人郷学研修所・安岡正篤記念館は、現在、研修棟解体工、恩賜文庫資料の抜本的な整理整頓、記念館の展示改装のために、記念館見学・書籍販売等を一切休止しております。 リニューアルオープンは来年春を目途にしております。
2021.07.28
【虫干し】の季節、恩賜文庫の作業状況と財団の今をレポート!!! 梅雨が明け、東京オリンピックが始まりました。もうすぐ【虫干し】に最適の燦燦と太陽光が降り注ぐ季節が参ります。『學問は、疑ってかかる所から第一歩が始まるのです』をモットーとして長年、大東文化大学で学生を指導して来られた中林史朗先生のご指導の下、恩賜文庫のすべての蔵書を精査・活眼し分類が進んでおります。 本日は皆様に、公益財団法人郷学研修所・安岡正篤記念館の文化・教育担当の理事、櫻井亮佑(二松学舎大学院在籍)より恩賜文庫の書籍についての整理整頓作業状況とクラウドファンディングの返礼品等の送付についてビデオメッセージをお届けします。
2021.05.08
【クラウドファンディング終了のご報告と御礼】 この度のクラウドファンディング(インターネットによる醵金の呼びかけ)では、大変多くの方々にご支援を頂きまして、誠にありがとうございました。皆様のおかげで第2目標到達という大きな結果を得ることができました。心より御礼申し上げます。 お寄せいただいた温かいメッセージやお手紙にも関係者一同感激し、大きな励みとなりました。また一方で期待の大きさも重く受け止めております。 安岡正篤が亡くなってから30年以上の歳月が流れましたが、郷学の復興・振興を目指した想いを受け継ぎ、応援して下さる皆様のお気持ちにお応えしていくことが、これからの使命だと心を新たにしております。 引き続き、皆様のご理解・ご協力を頂きたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。 公益財団法人 郷学研修所・安岡正篤記念館                             理事長 安岡定子
2021.03.27
本日(3/26)第一目標の4千万円を達成いたしました。 皆様のご支援・ご協力に心より感謝致します。 安岡定子理事長より動画によるご挨拶をさせて頂きます。 恩賜文庫の様子もあわせてご覧ください。 ありがとうございました。更に目標を高く頑張ります。(一同)
2021.02.13
2月13日は安岡正篤先生の生誕日。 この日に合わせて、クラウドファンディングに挑戦しています。 「安岡正篤の精神を次世代に継ぐ|記念館・恩賜文庫の一刻も早い修復を」 みなさまのご支援をお願い申しあげます。
2020.10.17
令和2年10月17日の評議員会において、新しく理事6名、監事2名、評議員9名、顧問2名が選任されました。その後の理事会にて新理事長として安岡定子が就任致しましたのでご報告いたします。

臨時休館のお知らせ

安岡正篤記念館は令和3年4月1日(木)より令和4年3月31日(水)まで、研修棟の解体工事と、恩賜文庫の資料整理と記念館展示と事務所棟等の大規模改装ために臨時休館とします。尚、事務所には電話・FAX等で連絡は可能です。ご用命の方はお気軽にご連絡願います。