ホーム安岡正篤安岡正篤とは

安岡正篤とは

安岡正篤



世の中を良くするのは主義主張やイデオロギーではなく、公私ともに優れた人物であるとの信念の下、在野に在ってその養成に一生を尽くす。特に国民の幸不幸は政治の影響が大きいとし、政財官界の指導者層の啓発・教化・指導に力を注ぐ。その教えの基本は、日本の伝統を大切にする立場からの東洋的な思想・哲学であった。

 

昭和20815日正午、天皇陛下の「終戦の詔書」がラジオで放送された。この詔書を最終的に刪修(さんしゅう)したのが安岡正篤である。また、元号「平成」の考案者であり、吉田茂から中曽根康弘に至る歴代の総理大臣の指南番的存在でもあった。
刪修=不要な字句又は文章を削り取って改めること。

 

安岡正篤は、なによりも古典と歴史に学ぶこと、そしてそれを実生活の上に活かすこと、つまり「活学」しなければならないと教える。


なぜなら、現代の諸問題も、既に古聖賢哲がその対処・解決法を古典の中に残しているからであると言う。そして、自身が若き日から命懸けで学んできた和・漢・洋の古典と歴史に立脚し、東洋哲学的な観点から、実践的な指針を我々に示すのである。

 

生前はほとんど表に出ず、知る人ぞ知る存在だった。しかし没後、著書や講演録、講録のテープ・CD等が相次いで出版され、30年以上経た今でも、己の生き方や国家の在り方を真剣に考える人々に熱く支持され、深い感動と人生の指針を与えている。

またその教え=安岡教学・安岡人間学に基づいた大小様々な勉強会や集りが、道を求める人々によって全国各地で催されており、一燈照隅行が実践されている。